不動産価格相場・災害リスクを自分で調べるサイト一覧!査定前に参照!

不動産価格相場は取引価格が大きい分きっちり記録されやすい為、膨大なデータベースが存在します。それら不動産価格相場を知る事の出来るデータが様々なサイトで公開されています。今回は不動産価格相場を知る事の出来るサイトを紹介していきたいと思います。その他不動産に役立つサイトも参考に記載しておりますので是非参考にしてください。

公的機関の不動産価格相場のデータベース

公的な機関が公開している不動産価格相場のデータベースを表にまとめました。

項目調査地点評価方法出典
地価公示選定された定点土地鑑定委員会国土交通省
都道府県地価調査選定された基準値不動産鑑定士都道府県
不動産取引価格情報報告のあった不動産取引事例を報告国土交通省
不動産価格指数取引事例を修正国土交通省国土交通省
路線価接面道路から総合的に
(公示地価の80%程度)
国税局
公的な不動産価格相場

それぞれどの様な数値なのかを見ていきましょう。

地価公示

毎年同じ地点の価格が公開されます。それぞれの地点につき、実際の不動産取引を行った者へのアンケート(土地取引状況調査票)の回答結果や、2人以上の不動産鑑定士が別々に鑑定評価を行い、その結果を土地鑑定委員会で調整したうえで価格が決定される。例年3月中~下旬、官報に価格、所在地、地番、地積、形状、土地の利用状況などが記載される。
公示地価は、公共事業用地の取得価格算定や国土法による土地取引規制における価格審査の基準になっている。

不動産価格相への利用・・△ 不動産はそれぞれの個別性がある為、大まかな相場感把握に利用。

都道府県地価調査(基準地価)

評価の対象となるのは全国の約2万地点の「基準地」である。都道府県地価調査では、毎年7月1日を基準日として各基準地につき1名以上の不動産鑑定士等の鑑定評価を求め、これを審査・調整し、毎年9月下旬に公報する。

不動産価格相への利用・・△ 不動産はそれぞれの個別性がある為、大まかな相場感把握に利用。

不動産取引価格情報

実際の不動産取引を行った者へ国土交通省が行うアンケート(土地取引状況調査票)の回答結果による生データです。但し、個人情報など特定出来ないようにプライバシーの保護がされた状態で公開されています。

不動産価格相への利用・・〇 不動産はそれぞれの個別性がある為、周辺の相場感把握に利用。

不動産価格指数

国債通貨基金(IMF)などからの国際的な流れに沿ってつくられた指数です。不動産価格指数は実際の取引価格をもとに、物件の立地や特性による影響などの操作を加えて作成されています。不動産取引の時代の流れを把握する指数として利用されています。

不動産価格相への利用・・△ マーケットの全体感の把握に利用。

路線価(概ね地価公示価格の80%程)

土地の価値が概ね同じ程度と考えられる宅地が面している道路について、その道路に面する宅地の1平方メートル当たりの価額を表示したもので、相続財産評価や固定資産税評価に利用される。
価格は公示地価の8割ほどとされている。

不動産価格相への利用・・✖ 実際のマーケット価格とは乖離がある。不動産取得後の固定資産税の概算などに利用。

民間の不動産価格相場のデータベース

民間の中でも非常に信頼性の高い不動産価格相場のデータベースを下記の表にまとめました。

項目調査地点評価方法出典
レインズマーケットインフォメーション取引不動産実際の成約価格レインズ
東京カンテイ市況レポート売却希望不動産調査の平均値東京カンテイ
中古住宅HOME4Uサイト掲載物件価格の平均NTTデータ
民間の不動産価格相場情報

レインズマーケットインフォメーション(実際の取引データ)

不動産業者が不動産流通機構(レインズ)へ登録、報告したレインズが保有する不動産の成約価格等の取引情報を公開しているサイト。
物件まで特定できる情報は守秘義務を負った不動産業者しか閲覧できないので、不動産業者に調べてもらえます。

不動産価格相への利用・・◎ 不動産業者による報告数が多く、実際の取引事例からの相場を把握するのに有効。不動産の個別性は検証の必要がある。

東京カンテイ市況レポート

東京鑑定のデータベースに登録された不動産の売り希望価格をもとに平均単価等を公開している。その他にも独自の調査を行った様々な不動産市況に関する情報を閲覧することが出来る。

不動産価格相への利用・・〇 相場観の把握に非常に役立つ。

中古住宅HOME4U(売り出し中物件のデータ)

周辺で現在販売されている不動産の相場が分かるデータベース。不動産情報サイトHOME4Uで販売されている不動産を地域ごとや間取りなどで分類して相場観を把握できる。

不動産価格相への利用・・◎ 実際に現在販売中の価格が分かる為、相場観の把握に非常に役立つ。

不動産価格相場に影響を与える要素を調べるサイト

価格以外で不動産価格相場に影響を与えるポイントを調べるサイトを表にしました。

サイト名調査項目
地震ハザードステーション地震の危険度
ハザードマップポータルサイト洪水等災害情報
地盤サポートマップ地盤、地歴の確認
地盤安心マップ地盤、地歴の確認
ゼロレボマンションの内覧疑似体験
大島てる事故物件の情報
不動産価格相場に影響がある事項を調べるサイト

マンションの購入の注意点はコチラ

最後は査定サイトで専門家による不動産価格相場の分析を

紹介したサイトである程度自分の不動産の或いは購入予定の物件の価格相場を把握出来たら、最後は専門的な知識と、不動産業者しか閲覧できないデータをもつ不動産会社に相談してみましょう。自分で事前に調べているので不動産業者の回答にも適切は判断が出来るようになります。

最新情報をチェックしよう!